My Image

腰痛に悩むスウェーデンの雇用主


腰痛や肩こりなど体の痛みに誰もが悩まされている現代。痛みを抱える本人の苦労はもちろん、雇用主にとっても困った問題です。

なぜなら、痛みを抱えた人のパフォーマンスが低下してしまうからです。さらに、痛みを抱えた人が仕事を休み、最終的に離職につながることもあります。これらは大きな損失となっています。

福祉社会とよく呼ばれるスウェーデンでは、社会保険が損失を部分的に負担してくれます。しかし、職場のパフォーマンス低下などの影響は、誰も補償してくれず、雇用主の負担になっています。

そのため、スウェーデンでは雇用主が体の痛みの対策を必要としており、1987年から大小さまざまな企業(自動車のボルボ、家具のイケア、 スカンジナビア航空など)や公共機関(警察、消防、郵便局など)によく使われているのがマスターケアです。


マスターケアの使用はこんなに簡単です!

Stacks Image 24960
Stacks Image 24954
Stacks Image 24962

効果はどうでしょうか?

立つ仕事。動く仕事。座る仕事。運ぶ仕事。この動画の4名のユーザーは、それぞれに全く異なる仕事と職場環境があります。それでも4人とも同じ問題を抱えています。意外に解決策も同じでした!

Stacks Image 24914
Stacks Image 24916
Stacks Image 24918
Stacks Image 24912